会員開発委員会 事業計画
委員長 長野雄太

基本方針 ~粋~
40年の歴史の中で、一般社団法人交野青年会議所は多くの変化に対応すると共に、志を同じくする朋を集め、明るい豊かな社会の実現を目指し運動を展開してまいりました。この目標の実現のために、交野青年会議所が時代の変化にあわせたまちづくり運動を展開し、組織を常に活力あふれる状態に維持していかなければなりません。そのためには、会員拡大会議と連携し、仲間に成長の機会を与え、力を合わせる経験を積むことで、粋に輝く人材を育成していかねばなりません。

現在、交野青年会議所は年々メンバー数が減少しており規模が縮小しています。そこで会員開発委員会では、2020年度LOMスローガン『絆~朋と新たな次代を築く~』 の基、粋に輝く人材育成に繋がる意識改革及び資質向上に資する例会を展開していきます。
我々が目指す粋な人材とは、器が大きく、心配りができ、実行力や決断力のある挑戦し続けていく攻める人材、リーダーのことです。そのようなリーダーを育成する為に、メンバーに限らず周囲の方達も参加していただき、資質向上に資する公開例会を開催いたします。それにより、メンバー同士だけで資質向上を高め合うよりもさらに一人ひとりのスキルアップに繋げます。さらに、このような例会を通じて日本人の特徴と捉えられている「受身」な部分を「活発」にし、意識改革に繋げます。

次に、JC活動には多くの出会いや体験があります。メンバーにはその魅力に触れてもらい、例会を通して、朋との絆やJC活動で味わえる達成感を感じてもらい、信頼関係を構築します。また、経験した事のない分野に挑戦し、個々の成長を実感いただけるよう取り組んで参ります。そうすることでJCの魅力や楽しさを伝え、一人ひとりが粋に輝く人材へと成長することで強固なチームを構築して参ります。
さらに、交野青年会議所は今年で創立40周年という大きな節目の年です。1年間を通して、会員開発委員会に携わった人の心が開眼し、朋のために率先して行動できる、そんな粋に輝く人材を1人でも多く育成するために、委員会メンバーが一丸となって、邁進してまいります。

結びに、会員開発委員会は創立40周年という記念すべき年にふさわしい青年としての英知と勇気と情熱を持った粋な交野青年会議所の仲間達と共にこの1年間を全力で走り抜けてまいります。各関係諸団体の皆様、そして親愛なるシニアクラブの先輩諸兄におかれましては、より一層のご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。