会員拡大委員会 事業計画
委員長 内山 貴明

基本方針 ~地域の未来、一期一会~
一般社団法人交野青年会議所は、昨年度40周年という節目の年を迎えました。先輩方が築いてこられた歴史に敬意を払い、青年経済人としての使命感を持ち、明るい豊かな社会の実現を目指して運動を展開してまいります。
我々は20歳から40歳までの青年世代のみで構成される団体であり、常に会員拡大運動を継続し続けなければ存続することが出来ません。地震や台風といった想定外の天災、少子高齢化による景気循環の低迷、そして新型コロナウイルスの影響など、各自の社業すら大きな影響を受ける中、JCI運動も厳しさを増しています。しかしこのような時代だからこそ、会員拡大運動に取り組み、仲間を増やし、我々が社会を変革する突破口にならなければなりません。
まず本年度の拡大目標を15名とします。次世代を担う人財を発掘し拡大に繋げていくために、会員一丸となり候補者の情報を共有できる体制を整えるとともに、まずは会員の青年会議所への関心を高め、ともに行動する仲間を増やしていきます。そして、会員拡大をより効果的に展開していくために、当委員会が全会員と連携し、青年会議所の魅力を伝え、入会意識を高めます。さらに、会員拡大を円滑に進めるため、入会前の例会、事業へのオブザーブ参加を推進し、交野市の緑豊かな自然の中で交流会を定期的に開催することで、青年会議所の運動を理解してもらいます。
次に、活動の中には多くの出会いや体験があります。だからこそ、会員だけではなく対外も交えた資質向上に資する例会、事業を開催いたします。しっかりと足元を固め、経済人として成長することが会員の活性化につながります。そして、地域により良い変革をもたらす運動を展開するためには、会員に対して継続して学びの機会を提供することが重要であり、リーダーとして必要な教養やリーダーシップが身に付く例会を行ってまいります。実践的かつ効果的な例会事業を通して、会員一人ひとりが成長することが社業や地域の発展につながり、今を動く時代の先駆者として地域の未来を考え行動できる会員育成につながります。それは結果として、交野青年会議所がより魅力的な会員が集う強靭な組織へ成長していくことでもあるのです。
最後となりますが、2021年度LOMスローガンである「今を動け」のもと、会員同士の繋がりを深め「Vision For 2030」の実現に向けて、全力で邁進してまいります。各関係諸団体の皆様、そして親愛なるシニアクラブの先輩諸兄におかれましては、より一層のご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。